文化鍋をはじめて世に送り出したメーカーがお届けする、熟練工による確かな品質 味わい鍋

製品のご購入はこちら
  • 味わい鍋とは
  • 味わい鍋の特徴
  • 製品ラインアップ
  • 愛用者の声
味わい鍋とは
HOME > 初心者のための一週間コースレシピ > STEP7 中華鍋として使ってみる
初心者のための一週間コースレシピ
「味わい鍋」の初心者1週間料理 〜購入後1週間のお勧め料理〜

味わい鍋初心者の方に対し、味わい鍋の特徴を
1週間で体感するメニューをSTEP1〜STEP7でご紹介します。

STEP7 中華鍋として使ってみる

高温調理が可能で、揚げる、焼く、茹でる、あらゆる調理が可能な味わい鍋は、
1つの鍋で様々な料理を作り出す中華と好相性。
味わい鍋を使用すれば、中華鍋を使わなくても、いつもと違う本格中華が作れます。

「トマト焼きそば」 味わい鍋を高熱に熱して焼き目をつけたえのき茸入りの焼きそば麺の上に、同じ鍋でさっと作った白菜とトマトのしょうが風味の餡をのせて完成です。
材料
  • (麺の材料)
  • 焼きそば麺 1個
  • サラダ油 小さじ1
  • えのき茸 50g
    (目分量で麺の1/4くらいが目安)
  • (トマト餡の材料)
  • 白菜
    (1cm幅のそぎ切りにした白い部分)ひとつかみ
  • 白菜の葉
    (適当な大きさにちぎった葉)ひとつかみ
  • トマト 中1個
  • ネギ 1/2本
  • しょうがスライス
    2g(2〜3枚)
  • (調味料)
  • 鶏がらスープ 100cc
  • 塩 3g
    (小さじ1/4〜1/3)
  • しょうゆ 小さじ1
  • こしょう 適量
  • 水溶き片栗粉 適量
  • サラダ油 小さじ1
作り方
  • 白菜を切り分け白い部分と葉にわけておく。ネギを斜め切りにし、トマトを8個に切り分ける。水溶き片栗粉を用意しておく。
  • 焼きそば麺とえのき茸をほぐしながら混ぜ合わせ、サラダ油小さじ1を敷いて強火で熱した味わい鍋に入れ、押しつけながら焼き、こんがり焼き色をつける。焼けたら裏返し、同じように焼き色をつけ、皿に敷く。
  • 同じ鍋にサラダ油小さじ1を足し、しょうが、ネギの順に加えて十分香りが出たら強火のまま白菜の白い部分を加えてさっと炒め、白菜の葉、トマトを加えて30秒程炒める。
  • そのまま調味料を一気に入れ、すぐに蓋をしてジャスト1分待つ。
  • 蓋を開けて、水溶き片栗粉でとろみをつけて、2. の麺の上に載せて完成です。
  • 終始強火で常に迫力ある火力を維持し、野菜に瞬間的に火を入れることが大事です。調味料を入れたときにジュワッっとすぐに沸騰しないようであれば、火力不足ですので、4. の蒸らしを長めに行ってください。s

感性を大切にしつつも、ロジカルにおいしさを組み立てる理系出身の料理クリエイター。
あらゆる料理ジャンルに精通し、新しい着眼点、新しいアプローチで独自の料理を表現。
現在多方面にレシピを展開している。

味わい鍋に関するお問い合わせ