文化鍋をはじめて世に送り出したメーカーがお届けする、熟練工による確かな品質 味わい鍋

製品のご購入はこちら
  • 味わい鍋とは
  • 味わい鍋の特徴
  • 製品ラインアップ
  • 愛用者の声
味わい鍋とは
HOME > 初心者のための一週間コースレシピ > STEP2 煮物/煮込み料理の作り方
初心者のための一週間コースレシピ
「味わい鍋」の初心者1週間料理 〜購入後1週間のお勧め料理〜

味わい鍋初心者の方に対し、味わい鍋の特徴を
1週間で体感するメニューをSTEP1〜STEP7でご紹介します。

STEP2 煮物/煮込み料理の作り方
煮物の作り方

味わい鍋は、蓋からも均一に熱が加わり、鍋の隅々まで材料に均一に火が入ります。
そのため、すばやく、全体にむらなくきれいに煮あがります。
また、煮物は冷める過程で味がしみ込みます。
味わい鍋は、その高い蓄熱性、保温性で長い時間をかけて冷めてくれますので、
大変煮物に適した鍋と言えるでしょう。
ここで紹介するのは具と調味料だけで煮るレシピです。
具と調味料を変えれば応用が効く味わい鍋の代表的な使い方ですので、
ぜひマスターしましょう。

「山芋と鶏肉の白煮」 具と調味料を鍋に入れ、蓋をして1015分煮るだけです。
材料
  • 鶏もも肉 1枚
    (250〜300g)
  • 山芋 1本分(約400g)
  • (調味料)
  • 白醤油 40cc
  • 酒 50cc
  • みりん 50cc
  • さとう 大さじ3
  • 白髪ねぎ お好み
  • 糸唐辛子 お好み
作り方
  • 鶏もも肉は1枚を8等分程度に切り分け、山芋は皮をむいて3〜4センチ幅くらいに輪切りにする。調味料は混ぜ合わせておく。
  • 1. を鍋に入れ、蓋をして中火にかける。
  • 沸騰してきたら上下をざっくり返すように混ぜ、弱火に落として10〜15分煮る。
  • 材料が柔らかくなったら、完成です。お好みで白髪ねぎと糸唐辛子を添えて頂きます。
  • 白醤油がなければ薄口醤油でも可。その場合は50ccにします。滅多に手に入りませんが、沖縄の竹富島醤油が最もよく合います。その場合は30ccにします。
  • 具をじゃがいもと牛肉、たまねぎに、白醤油を醤油に変えれば、肉じゃがになります。
煮込み料理の作り方

味わい鍋は、重い蓋で軽い圧がかかり、材料を短時間で柔らかくします。
また、底が焦げ付かず、蓋で水分も逃しません。
煮込み料理が短時間に楽に仕上がります。

「手羽先と白菜の塩煮込み」 材料を全て鍋にいれ、蓋をして素材の水分を利用して40分煮込んで完成です。
材料
  • 手羽先 10本
  • 白菜 1/4〜1/5株
  • 酒 100cc
  • 塩 小さじ1〜1.5
  • 白こしょう 1〜2g
作り方
  • 手羽先を鍋底にきれいに敷きつめ、塩こしょうを半分だけまぶす。
  • 上に白菜を重ね、塩こしょうの残り半分をまぶし、酒を加える。
  • 蓋をして40分程度煮込んで完成です。塩が足りなければ調節する。
  • 塩加減がポイント。しっかり効かせてください。
  • とろとろになるまで煮込むには、他の鍋だと非常に時間がかかります。

感性を大切にしつつも、ロジカルにおいしさを組み立てる理系出身の料理クリエイター。
あらゆる料理ジャンルに精通し、新しい着眼点、新しいアプローチで独自の料理を表現。
現在多方面にレシピを展開している。

味わい鍋に関するお問い合わせ