文化鍋をはじめて世に送り出したメーカーがお届けする、熟練工による確かな品質 味わい鍋

製品のご購入はこちら
  • 味わい鍋とは
  • 味わい鍋の特徴
  • 製品ラインアップ
  • 愛用者の声
愛用者の声
HOME > 愛用者の声
愛用者の声
栗山真由美
栗山真由美
料理研究家 栄養士神奈川県生まれ。「オレンジページ」、「ESSE」などの料理雑誌で活躍。初心者から主婦層まで幅広い層から支持されている。著書に「いいことずく めの赤の野菜」角川SSC 「もやし食堂」 PHP研究所 レタスクラブムックなど多数。

「野菜の栄養をあまさず取るには、“無水調理”ができるこの鍋をおすすめします。」
健康を維持するために、毎日の野菜が欠かせないことはご存知だと思います。野菜には食物繊維をはじめ、各種のビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素が含まれています。しかし残念なことに調理をすることで失われてしまうものがあります。それが食物繊維の一部とビタミンCです。
食物繊維には水溶性のものがあり、これらは野菜を茹でた時の茹で汁とともに流出してしまいます。ビタミンCは水に溶けやすいだけでなく、熱にも弱く、調理によって50%から60%も失われると言われています。そこで注目されるのが野菜の栄養が損なわれにくい“無水調理”です。これは機密性の高い鍋を使い、「水を使わずに野菜を蒸す」調理法で短時間で野菜に火が通るだけでなく、水を使わない分栄養損失も少ないのです。
この「味わい鍋」は、片手鍋ではめずらしく無水調理が出来る機密性を備えているところがすぐれています。

植竹隆正
植竹隆正
代官山リストランテ カノビアーノ オーナーシェフ 日本のイタリア料理界ではトップクラスの評価を受けている。代官山の人気店「リストランテ カノビアーノ」の植竹隆正シェフ。味わい鍋の持つ「均一な加熱」・「密閉性能の良さ」・「蓄熱性」を高く評価いただいています。

味わい鍋は、肉厚で熱を蓄える上に、均一な夏周りと密閉性で素材の旨みを最大限引き出すことができます。現在販売されている鍋の中では一番良いと断言できます。

河内杏子
河内杏子
現在、大手企業に勤務する現役薬剤師である料理研究家。子供のころから料理好きの母に学び、その後は料理研究家やパティシエ主催の料理教室、お菓子教室、パン教室で技術を学びながらマダムマーサクッキングスタジオにてディプロマ取得。

「野菜の栄養をあまさず取るには、“無水調理”ができるこの鍋をおすすめします。」
健康を維持するために、毎日の野菜が欠かせないことはご存知だと思います。野菜には食物繊維をはじめ、各種のビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素が含まれています。しかし残念なことに調理をすることで失われてしまうものがあります。それが食物繊維の一部とビタミンCです。
食物繊維には水溶性のものがあり、これらは野菜を茹でた時の茹で汁とともに流出してしまいます。ビタミンCは水に溶けやすいだけでなく、熱にも弱く、調理によって50%から60%も失われると言われています。
そこで注目されるのが野菜の栄養が損なわれにくい“無水調理”です。これは機密性の高い鍋を使い、「水を使わずに野菜を蒸す」調理法で短時間で野菜に火が通るだけでなく、水を使わない分栄養損失も少ないのです。
この「味わい鍋」は、片手鍋ではめずらしく無水調理が出来る機密性を備えているところがすぐれています。

浅田峰子
浅田峰子
「浅田クッキングサロン」を主宰。書籍、雑誌、新聞などで活躍するとともに、食品会社の商品開発なども手がけながら、和・洋・中国料理の専門料理をいちはやく家庭に紹介した第一人者のひとり。著作はすでに数十冊を越える。

料理をおいしく作るためにはさまざまな要素がありますが、とりわけ大切なことは鍋と火の関係です。
「味わい鍋」は火のあたりが柔らかいので素材の味を損なわずに短時間で美味しいお料理ができます。
「味わい鍋」は鍋の厚さ、フッ素樹脂仕上げの鍋肌、計算された鍋の側面から鍋底にかけての曲線が作用して、加熱時間が短くエコ時代にふさわしいお薦めのお鍋です。
水洗いをしたお野菜の水気を軽く振りきって「味わい鍋」に入れ数分加熱、火を止めて少し蒸らすと自然の甘み風味が旨味になり手軽にいただけます。勿論ご飯も肉類、魚等も美味しく出来ます。

渡辺あつお
渡辺あつお
感性を大切にしつつも、ロジカルにおいしさを組み立てる理系出身の料理クリエイター。 あらゆる料理ジャンルに精通し、新しい着眼点、新しいアプローチで独自の料理を表現。 現在多方面にレシピを展開している。

見た目の第一印象は、「重そう」でしたが、使ってみた第一印象は、「あれ?使いやすい」でした。実際はさほど重くありません。そして使えば使うほど、「あれ、いつもよりおいしい」という印象に変わってきます。
例えば炒め物は鍋の厚さで温度が安定し、パリッと仕上がります。また、無水調理が可能で、素材の水分だけで蒸し物が味濃く仕上がります。また、あっという間に軟らかくなります。何しろ忙しいときにはお湯を沸かす必要も無く、非常に手軽です。そして煮物は特に適しています。蓋をするとなかなか水分が減らないので、味わい鍋は、長時間煮込む料理にも向いています。
軽い圧力鍋効果もあります。特殊加工で焦げ付く心配もなく、こまめに気にする必要がありません。また、熱が均一に包み込むように広がり、オーブンに似た効果が得られるのも特徴です。
このように、鍋の形、厚み、蓋の重み、全てに意味があり、全てが料理の出来栄えにつながっているのだな、と実感しました。
手軽に何でも出来て、扱い易い。その上、いつもよりおいしい。言わば、”いいとこどり”の鍋だと思います。私は数多くの鍋を所有していますが、トータルの性能で、他の鍋を圧倒していると断言します。特殊加工でお手入れが楽なのもポイント高いです。
味わい鍋は、たまに使う特殊な鍋ではなく、普段使いのスゴイやつ、という位置付けの鍋です。
ぜひ毎日使って実感してみてください。これは買いですよ。

味わい鍋に関するお問い合わせ